2017.02.26 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2010.12.19 Sunday

    古代メキシコ・オルメカ文明展

    0
        池袋にある古代オリエント博物館に、古代メキシコ・オルメカ文明展を観にいってきた。



       マヤ文明といえば、その高度な暦や建築技術、独特の文字などで有名だが、その更に前、紀元前1500年ごろに存在したといわれているのが、オルメカ文明。当時、日本は縄文時代や弥生時代に当たる頃だったそうだが、オルメカでは、高度な技術で巨大な像や建築物をつくったり、ヒスイの仮面(これは本当に能面に似ていた!)をつくったりしていたのだそうだ。展覧会では、抽象画を思わせるような顔や格好をした小さな土人形も展示されており、その現代性にも驚かされた。

       こちらは、人頭像のレプリカ↓



       会場では、マヤ暦による性格占いも紹介されており、多くの人々が、マヤ暦に基づき生年月日から割り出される自分の性格について、ああでもないこうでもないと、楽しげに話していた。(ちなみに、私と娘もご他聞に漏れず、しっかりはまってしまいました)

       それにしても、マヤ暦が予言するように、2012年には世界の終わりが来るのだろうか・・・・信じるか信じないかは、あなたしだいです!?まあ、とりあえず、映画でも観て・・・・ 
      2006.11.19 Sunday

      松山市立子規記念博物館

      0
         仕事で訪れた愛媛県で、松山市立子規記念博物館に行ってきた。

         

         正岡子規は松山市出身。その正岡子規の一生と松山市の歴史などを紹介しているのが、この松山市立子規記念博物館だ。

         正岡子規といえば、俳句とか短歌とかをまず思い浮かべるが、その芸術活動は大変広く、詩、小説、紀行文、ジャーナリズム、さらには絵画などにわたっていることを知るとともに、彼の活動が近代の日本語そのものに対して残した大きな影響を知ることができた。

         とにかく、彼の残した業績の凄さに改めて驚かされたが、中でも面白かったのが、夏目漱石が松山中学に約1年間先生として滞在した際の下宿「愚陀仏庵」(ぐだぶつあん)に、一時期(52日間)子規も同居し、俳句仲間が集まってにぎわったことがあったこと。その後の、漱石の活動にも大きな影響を与えたとされているようだ。

         博物館には至るところに俳句コンテストの歌などが紹介されており、博物館の入り口でも正岡子規の歌が垂れ幕で紹介されている(上の写真の左端の「銭湯で下駄換へらるる夜寒かな」という子規の句が見えますか?)。

         私もやってみようか俳句か短歌(字余り)

         ちなみに、この機会に道後温泉に宿泊!!(下の写真は、日本で一つ温泉が楽しめる国の重要文化財である「道後温泉本館」の写真)

         
         
        2006.07.23 Sunday

        東京タワー/「感どうする経済館」ほか

        0
           東京タワーに行ってきた。

           

           もともとは、東京都現代美術館で開催中の『ディズニー・アート展』に出かけたのだが、地下の駐車場だけでなく、地上の駐車場も満車で、さらに外にまで車列ができているのを見て、思わず退散。急遽、東京タワーに行ってみた。

           しかし、東京タワーも結構な賑わい。展望台行きのエレベーター前にできた列に心が萎え、場内を適当にふらふら。4階で内閣府の無料展示「感どうする経済館」を見つける。

           

           日本のGDPと日本の借金が、すごい勢いで増えていくカウンターが目に付く。(写真は止まっているが、実際にはすごいスピードで動いている。)

           

           中でも、「100の1万円」のコーナーが面白かった。要するに1万円あれば何が出来るか、何が買えるかといったものを集めたコーナーなのだが、例えば、1万円で銀座の土地は切手ほどしか買えないが、月の土地だとテニスコート三面分以上買えるらしい!!また、世田谷の一軒家には10時間しか住めないが、クアラルンプールのマンションなら10日(うろおぼえだが、たぶん)も住めるらしい。

           さらに、同じフロアに、総務省の「とうけいプラザ」を発見。国勢調査など統計の歴史を紹介。面白かったのは、昔に戻って買い物を楽しむコンピューターゲーム。決められた所持金を持っていろいろと買い物。所持金にぴたり合えば大正解というゲーム。ランダムに年代と所持金が変わり、結構楽しめた。(確か、昭和25年のパーマ代金が384円。当時、鉛筆が10円、キャラメル20円だった!!)



           それにしても、夏休みはどこも大賑わい・・・・・
           

           
           
          Calendar
                1
          2345678
          9101112131415
          16171819202122
          23242526272829
          3031     
          << July 2017 >>
          PR
          Since Jan. 17th 2006
          ブログパーツUL5
          最新アート情報
          今何時?
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recent Trackback
          Recommend
          エルマーと16ぴきのりゅう
          エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
          ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM