<< アイス・エイジ2 | main | 陰日向に咲く/劇団ひとり >>
2006.05.07 Sunday

池田20世紀美術館

0
     静岡県伊東市にある池田20世紀美術館に行ってきた。



     もともとは、伊豆の踊り子で有名な河津町の湯ケ野温泉郷にある「湯本楼」さんに宿泊するために出かけていたのだが、これに併せて、昨日は、近くにある浄蓮の滝旧天城トンネルなどを観光し、今日は、この美術館にまで足を延ばすことにしたのだ。(ちなみに、湯本楼は、文豪島崎藤村も宿泊したことがある歴史ある宿。施設や部屋の古さは否めないが、湯量・湯温とも申し分ない温泉があり、また、部屋からは、河津川の美しい眺めとせせらぎの音が楽しめる。)

     そもそも、この美術館は、道路のアスファルト乳剤などを製造するニチレキ株式会社の創始者である池田英一氏の個人資産の寄付により、1975年に設立されたもの。20世紀の作品だけを集めた美術館としては、日本最初のものだそうだ。

     正直言うと、今回の宿泊を決めてから、周辺で何か美術館か博物館などないかなと探してみた結果、見つけた美術館で、あまり期待していなかった。しかし、行ってみてびっくり!!

     とりわけ、気に入ったのは、ピカソの「近衛兵と鳩」



     この絵を一目見て、「自由」、「ユーモア」、「余裕」といった言葉を思いついた。思わず、キャプションを見るとピカソ88歳の時の作品。心の赴くままに描くと落ち着くところにちゃんと落ち着くといった境地にまで達した作家の作品を見せられたようで妙に納得。

     また、ダリの「ヴィーナスと水兵」も、何となくダリらしくなくていい感じ。



     これまたキャプションを見るとダリ21歳の時の作品。若き日のダリの青春の記録として、海外のダリ回顧展に、しばしば貸し出されるそうだ。これまた納得。

     さらに、ムンクの「罪」は鬼気迫る作品。おそろし〜い。



     また、大好きな難波田龍起が、目立たないところにひっそりと展示されていて、何だが、妙に嬉しかった。

     

     このほか、現代日本画壇で活躍する豊島弘尚氏の企画展も開催されており、なかなか素敵な美術館だった。 
     
    2017.10.15 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      宿 伊東市 観光
      宿 伊東市 観光 !その宿の名前は伊東グランドホテル旅行前の準備は、まず、方向音痴の私は、地図で場所の確認!グーグルマップで「静岡県伊東市宝町3?3」を入力して、しっかり場所を確認します。そしてネットで予約したので、宿の「0557-37-4343」に電話をかけて、
      • お勧め!泊まってよかった伊東の宿
      • 2007/08/10 7:16 PM
      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      Since Jan. 17th 2006
      ブログパーツUL5
      最新アート情報
      今何時?
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      エルマーと16ぴきのりゅう
      エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
      ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM