<< 松下電工汐留ミュージアム/重森三玲の庭〜地上の小宇宙〜 | main | 東京藝術大学大学美術館/羽生出展(面と空間の詩学) >>
2018.09.29 Saturday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2007.01.02 Tuesday

    スーパーエッシャー展/Bunkamura ザ・ミュージアム

    0
       Bunkamuraザ・ミュージアムにスーパーエッシャー展を観にいってきた。

       このブログでも紹介したが、実は11月末頃、一度スーパーエッシャー展にトライしたことがあった。しかし、そのときは、あまりの人の多さに入り口の前まで行ってギブ・アップ。それ以来、ずっとタイミングを探していたのだが、12月に入ると、正に師走の忙しさで、この2〜3週間は仕事が忙しくほとんど週末なし。加えて、流行の「喉風邪」につかまり、ひたすら体調が悪い状態が続いて・・・と、結局、昨年末の12月31日、ようやく念願かないBunkamuraを訪れることができた。(ちなみに、風邪の方は引き続き治らず、今日(1月2日)も、実は、救急病院で診察してもらったような状態!!)

       12月31日10:00時の開館ちょっと過ぎの時間を目指して乗った半蔵門線は、さすがに人数が少ない。さらに、早朝の渋谷の街を歩く人もまばら。この調子だと、久しぶりに美術館での時間をゆっくりと楽しめるぞと思っていたのだが、これが大間違い!!この人たちは何を好き好んでこの年末にこんなところにいるんだろう!?と思うぐらい、入り口の前には人の列が!!(まあ、私もその中の一人なのだが・・)
       ただ、入場券売り場を見ると、2つある売り場の窓口の1つしか空いていない。これを見て文句を言っている人もいたが、私には事実上の入場制限に思えた。つまり、中の人はもちろんそれなりに多いに違いないが、まだ時間も早いし、それなりに落ち着いて見られる程の人数なのではないか?と思い直し、さらに、今日を逃すとほんとに機会を逃しそうな予感がして、思い切って入場することに決めた。

       中は、相変わらずのBunkamuraミュージアム独特の狭さに加え、解説用マシンのモニターと現物の作品を交互に眺める人たちが入り口あたりから列をなしており、「やはり別の機会にすればよかったか」と後悔しかかったが、彼らの背後から作品を眺めつつ、気になる作品を探してずんずん進むと、途中からモニター族の列も切れ、ゆったり作品を見られるようになってきて・・・・後は、エッシャーの世界に引き込まれていくばかりで、夢中で作品を楽しんだ。

       とりわけ、第三章「平面と立体の正則分割」のコーナーは圧巻。エッシャーといえば、正則分割の作品が有名だが、20代の若い頃からその研究を始めていたことが分かるし、また、その作品がどんどん複雑さを増し、遂には平面から立体へ、有限から無限へと難易度を増していくことが分かる。一つのことを突き詰めていくとこんなところまで行ってしまうのかという感嘆ものの作品の数々に圧倒された(ちなみに、dalincoccoさんの素晴らしいブログの下から2番目の写真が、円の極限検陛傾颪斑蝋)という作品で、黒いところが悪魔に、白いところが天使になっていて、それがどんどん小さくなりながら無限に繰り返されるという作品。眩暈がします。)

       どれもこれも気になる作品ばかりだったが、中でも偏執的で気になったのが、「三つの球体供廖焚爾亮命拭法N消爾瞭鵑弔竜紊箸海粒┐鯢舛い討觝郤圈淵┘奪轡磧次)の姿が、真ん中の球に映し出されている。そして、良く見ると、その人物が描いている絵そのものも真ん中の球には映し出されている。ということは、絵の中の絵と私が見ている絵は同じ絵ということだろう。



       さらに、やはり有名な「滝」(下の写真)。小さい頃、子供向けの雑誌か本でこんな不思議な絵ばかり集めたようなのが流行っていて、この絵とか「上昇と下降」なんかを、一日中ずっと眺めていたような記憶がある。それにしても、「滝」という作品を作るにも、エッシャーは、たくさんの習作を残しているようだ。この辺りにも、エッシャーの緻密さやこだわりが感じられた。

       
       
       ちょっと違うタイプの作品としては、「三つの世界」が気に入った。ここにはだまし絵の要素はないが、木、葉、魚が湖面という一つの世界の中に映し取られている。実物はとても美しく、静かな作品で、大変素晴らしかった。

       
        
       久しぶりの美術館、それも大好きなエッシャーの作品を本当に楽しむことができた。
      「ゲーデル・エッシャー・バッハ」でも読み直してみるか・・・
      2018.09.29 Saturday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        あけましておめでとうございます。今年も楽しい芸術の話題、楽しみにしています。ところで体調は回復しましたか?くれぐれもお大事に。エッシャーは門外漢の私でも知っている「有名画家」。頭のいい人なんでしょうね。つくづく見入ってしまいます。
        • のらのすけ
        • 2007.01.06 Saturday 11:58
        のらのすけさん、今年もお世話になりますが、よろしくお願いします。
         ところで、体調ですが、実は芳しくありません。三連休中、ゆっくり寝て過ごそうと思っていますが、腫れあがったリンパがなかなかひいてくれそうにありません。しかし、この連休中に何とか直さないと・・・
        れおだびさん、体調心配です。無理せずにしっかり直して下さい。神様が与えてくれた休養と思って下さい。くれぐれもご自愛を!
        • のらのすけ
        • 2007.01.07 Sunday 22:56
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        レント
        1996年1月25日にオフ・ブロードウェイで開幕したミュージカル『レント』は大好評を博し、その後ブロードウェイに進出、さらに評判を呼んだ。プッチーニのオペラ『ラ・ボエーム』の舞台を現代のニューヨークに移し変えたのがこの作品。エイズ、ホームレス、麻薬とい
        • 1-kakaku.com
        • 2007/01/06 8:13 PM
        スーパーエッシャー展
        ●1月4日 スーパーエッシャー展 去年やり残した美術鑑賞、第二弾はエッシャー展。渋谷のブンカムラまでおでかけしました。 なぜ冠に「スーパー」をつけたのかは最後までわからなかったけれど、エッシャーにどれほどの
        • sur shelter
        • 2007/01/14 2:54 AM
        Calendar
        1234567
        891011121314
        15161718192021
        22232425262728
        293031    
        << December 2019 >>
        PR
        Since Jan. 17th 2006
        ブログパーツUL5
        最新アート情報
        今何時?
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        エルマーと16ぴきのりゅう
        エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
        ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM