<< マッスルパーク | main | 皇居東御苑 >>
2017.07.23 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2007.03.24 Saturday

    エルマーと16ぴきのりゅう/紀伊国屋サザンシアター

    0
       新宿にある紀伊国屋サザンシアターにエルマーと16ぴきのりゅうを観にいって来た。



       たまたま、新宿にある紀伊国屋書店を訪れたときに知ったこの公演。下の娘が楽しめるのではないかということで、家族で訪れてみたのだ。

       原作は、ルース・スタイルス・ガネットの同名の絵本。「エルマーのぼうけん」、「エルマーとりゅう」に続くシリーズ完結編に当たる。人間達に閉じ込められたりゅうの家族を、人間の子どもであるエルマーが知恵と勇気で助け出すというストーリー。

       これを、アレンジしたのが、今回の公演。人形劇団プークの手による人形劇だ。

       入場の際から、気づいていたのだが、当然ながら客の年齢が低い。5,6歳ぐらいの子ども達とその家族がほとんどだろうか。実際、公演がはじまると、子ども達がついていけるようにしているのだろう、ストーリーが極めてシンプル。子供向けであることは当然覚悟していたのだが、もう少しストーリーに起伏があると良かったのだが・・・私と妻、上の娘は、かなり早い段階から退屈モードに突入してしまった。
       一方、下の娘は、わが意を得たりと満面の笑顔で公演を堪能。会場には時々、子ども達の笑い声が響いていた。

       ストーリーの単調さは、仕方ないとして、登場する人形達は、なかなかかわいかった。とりわけ、りゅう達もさることながら、生身の人間が人間の顔をかぶって演じる人形がなかなかユーモラス。特に悪役のダンプ親分は、声も如何にも悪者風でなかなかの好演だった。
      2017.07.23 Sunday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        人形劇をいっぱい集めました
        原作:吉川英治×人形美術:川本喜八郎(人形劇「三国志」)で送る豪華絢爛人形歴史絵巻「平家物語」が完全版としてDVDリリース!!1993年12月から1995年1月にわたってNHK総合にて放送した全57話をすべて収録した完全版が登場。声の出演は風間杜夫、石橋蓮司、森本レオ、
        • 子供向けへの思い
        • 2007/08/06 1:39 PM
        Calendar
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>
        PR
        Since Jan. 17th 2006
        ブログパーツUL5
        最新アート情報
        今何時?
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        エルマーと16ぴきのりゅう
        エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
        ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM