<< 青山ユニマット美術館 | main | プレステージ >>
2007.06.03 Sunday

サントリー美術館

0
     東京ミッドタウンにあるサントリー美術館に行ってきた。



     乃木坂駅から、こっちの方向かな?、という方向にぽつぽつと歩いていくと、東京ミッドタウンという交差点の看板が。なるほど、交差点の名前まで変わってしまったようだ。
     と、目の前に上の写真にある東京ミッドタウンで一番高い建物である「ミッドタウン・タワー」が現れる。その1階から2階と、45階から53階までの高層部には「ザ・リッツ・カールトン東京」が入っているそうだ。

     噴水と緑が美しい散策路を歩いていくと、ミッドタウンガーデンが。そこでは下の写真のような巨大オブジェが目に付く。



     さて、ミッドタウン本体の建物へと入ると、食事時でもありレストランの前には、結構な列が出来ていたが、その他のショップについてはそれほど混みあっているわけでもない。サントリー美術館についても、それほどの人出ではなくほっとした。



     現在、サントリー美術館で開催中の展覧会は、開館記念展I「日本を祝う」。まず、目に付いたのが南蛮図屏風。大振りの屏風でなかなかの迫力。本当は、桐鳳凰図屏風(狩野探幽)を見たいとおもっていたのだが、残念ながら頻繁に展示替があるようで、既に4月16日というかなり早い段階で展示が終わっていたようだ。

     あまり、日本のものを観にいく機会がなく、正直、今ひとつ、良さが分からないのだが、ぴか一で目を惹いたのが、色絵組紐文掘17世紀末から18世紀初の鍋島焼きの作品で、赤と青の紐を描いたシンプルなデザインであるが、驚くほど現代的。紐の様子を細かく描く描写力も見事だ。

     そのほかに、良かったのが、切子の三ツ組盃と藍色ちろり。ガラス細工の美しさに外国からのお客さんも興味深く見入っていた。

     開館記念展供嵜紊叛犬る」は、6月16日から。東海道五十三次や素晴らしい切子の作品なども展示されるようだ。問題は、やはり頻繁に展示替があると思われること。事前に見たいものを絞って行く必要がありそうだ。
     
    2017.10.15 Sunday

    スポンサーサイト

    0
      コメント
      私も行きました。
      平日でしたがそこそこ来館者がありました。
      グッズについて「いいなー」と思うものもいくつかありましたが、結構高価だったので、絵葉書だけ買って帰りました。
      今度は「水と生きる」の展示も見てみたいですね。
      • ダクお
      • 2007.06.10 Sunday 11:41
      ダクお さんへ。
      コメントありがとうございます。確かに「水と生きる」も面白そうですね。
      また、ミッドタウン内では、サントリー美術館のほかにも、別の展示をやっているようですので、そちらにもトライしてみたいと思っています。
      コメントする








       
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック
      国立新美術館とは
      国立新美術館はコンセプトを「森の中の美術館」としており、設立目的を展覧会の開催・情報収集およびその公開・教育普及としている。 また、館内にミュージアムショップ・レストラン・カフェを展開するなど、「親しみのある美術館」を目指している。
      • 国立新美術館へ行って見よう!
      • 2007/06/15 10:10 PM
      東京ミッドタウンで古き良き日本を満喫!サントリー美術館「水と生きる」展
      本日は、東京ミッドタウン内「サントリー美術館」にて開催中の 「水と生きる」展に行ってきました。     4構成で展示が分けられていて、 それぞれの日本美術の表現が楽しめます。 こんなに日本古来の美術を堪能したのは 個人的には初めてでしたが、
      • a cup of sake 居酒屋&グルメ日記
      • 2007/07/03 7:24 AM
      ザ・リッツ・カールトン東京
      ザ・リッツ・カールトン東京の案内。世界の賓客をもてなす5ツ星ホテル「ザ・リッツ・カールトン」が東京に初進出しました。伝説になりつつある、セザール・リッツのサービス哲学をやっとここ六本木で堪能できる日がやってきました。
      • 東京ミッドタウン
      • 2007/07/15 8:19 PM
      Calendar
         1234
      567891011
      12131415161718
      19202122232425
      2627282930  
      << November 2017 >>
      PR
      Since Jan. 17th 2006
      ブログパーツUL5
      最新アート情報
      今何時?
      Selected Entries
      Categories
      Archives
      Recent Comment
      Recent Trackback
      Recommend
      エルマーと16ぴきのりゅう
      エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
      ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
      Links
      Profile
      Search this site.
      Others
      Mobile
      qrcode
      Powered by
      30days Album
      無料ブログ作成サービス JUGEM