2016.10.01 Saturday

トーマス・ルフ展+α / 東京国立近代美術館

0

     トーマス・ルフ展を観に、東京国立近代美術館に行ってきた。

     

     

     

     トーマス・ルフは、ドイツの写真家で、デュッセルドルフ芸術アカデミーでベルント&ヒラ・ベッヒャー夫妻に学んだ「ベッヒャー派」の一人。写真という媒体そのもののあり方について考えさせられる作品が次から次に飛び出してくる面白い展覧会だった。

     

     例えば、こちら↓は、肖像写真だが、普通のサイズよりずっと巨大にプリントされており、たったそれだけのことなのだが、普通サイズであれば中の人物の表情などに注意が行くのと対照的に、そもそもこれが写真だということにまず意識が向くとともに、目や口といったパーツや肌の感じなどをまじまじと見てしまう。

     

     

     また、こちら↓は、最新のシリーズで、報道写真に使われた映像とその写真の裏などに記載された説明書きなどが重ねてプリントされている。

     

     

     

     その後、この美術館が誇る収蔵品展をいつものように堪能。この美術館でその存在を知り、その後とても気になっている靉光

    (あいみつ)の自画像に出会ったり、

     

     

     これまた大好きなスーラージュの作品や、ちょっと前の展覧会では大盛況でゆっくりと見れなかったのに今日は全く見向きもされないベーコンの作品をゆったり見たりすることができた。

     

     

     さらに、奈良美智が収蔵品から作品をチョイスしたコーナーも大変面白く、彼が影響を受けた松本竣介の作品や、

     

     

     戦時中の作品とは思えない、榎本千花俊の「銀嶺」などにも出会うことができた。

     

     

     ということで、東京国立近代美術館の豊富な収蔵品に改めて感心し、様々な新たな出会いに感謝する一日になりました。

     

     楽しかった〜

    2016.09.17 Saturday

    東京都写真美術館+α

    0

       リニューアルオープンした東京都写真美術館に行ってきた。

       


       このブログで何度も取り上げてきた大好きな写真美術館が、約2年ぶりにようやく再開され、早速のぞいてきた。


       オープニングを飾る記念すべき第1回企画展は、杉本博司「ロスト・ヒューマン」展。第一部は壮大な妄想劇場。人類滅亡の時に立ち会った様々な職業の人々が残す手紙(遺書?)とそれを象徴するようなインスタレーション(杉本の手になる作品の他、杉本の集めた骨董等のコレクション等から構成されている)の組み合わせが33パターン延々と続く。例えば、こんな感じ。

       

       「今日、世界は死んだ。もしかすると昨日かもしれない。今日よりも、明日の暮らしはよくなることを、国民に約束した私は馬鹿だった。資本主義の拡大再生産には限界のある事を、私は薄々知っていた。知っていながら、私は薔薇色の未来を政治家として喧伝せざるを得なかった。景気が悪くなる度に、私は不換紙幣を乱発し、国債発行で未来に借金を重ねた。そしてくる日が来てしまった。世界同時株安と国債の暴落。未来のつけを、今払わなくてはならなくなってしまった。私の代でこんな事が起こるとは思ってもみなかった。私は誠意を持って国民の幸福を思った。それが仇となってしまった。国民全員の幸福より、全員の薄い不幸のほうがましだったのだろう。カリブ海の小国のような共産主義も捨てたものではなかったのだ。私は幸福を求めすぎて、絶滅を呼んでしまった。私の遺伝子などは暗殺された方がましだ。」(政治家)

       

       「今日、世界は死んだ。もしかすると昨日かもしれない。地球環境の劣悪化に伴って、月移住計画などの地球脱出プログラムが試された。しかし地球近辺の衛星軌道は20世紀からの宇宙廃棄物に満たされて、宇宙空間へ飛び出るのは、かなりのリスクを伴うようになってしまった。それに宇宙空間で1年以上暮らすと皆、鬱病になってしまう。最大の問題は人間の排泄物だ。宇宙ステーションんでは排泄物を処理して定期的に宇宙空間に投棄する。地球軌道は糞だらけになりつつあり、土星の輪のように糞の輪が大きくなりつつある。もうこの生活も飽き飽きした。宇宙での自給自足は不可能だった。」(宇宙飛行士)

       

       「今日、世界は死んだ。もしかすると昨日かもしれない。私は潔癖主義者だった。あらゆる不正を社会から根絶することが、私の社会的使命だと思っていた。特に政治家の不正は許し難かった。私は権力者の少女売春事件や、大統領の執務室不倫事件、その他多くの収賄事件を告発することに成功した。特に政治家のセックススキャンダルは新聞の売り上げを倍増させ、ビジネスにもなった。だがある日、気がついてみると、政治家には人間的魅力に乏しい、能力の無い人間しか残っていなかった。社会は機能不全に陥り、委縮していってしまった。不法行為は許せないと思った私が馬鹿だった。法とは人間集団間の利害調整のための、ただの方便に過ぎない、法そのものが人間が作った愚かさの象徴だったのだ。」(ジャーナリスト)

       

       「今日、世界は死んだ。もしかすると昨日かもしれない。後期資本主義時代に世界が入ると、アートは金融投機商品として、株や国際よりも高利回りとなり人気が沸騰した。若者達はみなアーティストになりたがり、作品の売れない大量のアーティスト難民が出現した。ある日突然、アンディー・ウォーホルの相場が暴落した。キャンベルスープ缶の絵は本物のスープ缶より安くなってしまった、そして世界恐慌が始まった。瞬く間に世界金融市場は崩壊し、世界は滅んでしまった。アートが世界滅亡の引き金を引いた事に誇りを持って私は死ぬ。世界はアートによって始まったのだから、アートが終わらせるのが筋だろう。」(コンテンポラリー・アーティスト)

       

       このように、人類滅亡の原因も様々で、また職業ごとに使われる便せんや字体がいかにもその職業の人が好みそうなものになっているなど、その凝りように思わず、にんまり。しかし、これだけ人類滅亡のシナリオを見せられると、逆に人類はなかなかしぶといもんだなとも思えてくる。第2部は、廃墟劇場。従来発表されていた「劇場」シリーズの廃墟版。従来作品より、さらに時間の経過を感じることができる作品群がならんでいる。そして最後に三十三間堂の仏像を撮った「仏の海」。ほの暗い空間に立ち上げる仏の姿が壮観。

       とりわけ、第一部は、写真美術館という枠を超えた充実の展示で、杉本ファンの私としては、たっぷりと彼の作品を楽しむことができた展覧会だった。

       ちなみに、美術館の外観は今までとほとんど変わらない感じであったが、入り口のチケットカウンターが大きくなっていて、そばにあった売店がなくなり、美術館奥のスペースに移転。全体的には白いトーンの明るい空間になっていた。

       で、この機会に当然のように美術館の会員(従来の「友の会」が「パスポート」に変更)にもなったし、これからも沢山、足を向けることになりそうだ。

       

       

       おまけ:毎年恒例となった桜新町のねぶた祭りに行ってきた。年を重ねるごとに人気が高まっているようで、大盛況。何枚か写真を紹介しときます!

       

       

       

      2016.02.02 Tuesday

      世田谷区美術館→練馬区立美術館

      0
         あっという間に12月と新しく迎えた1月が過ぎてしまいました・・・その間にも原美術館やら、国立学博物館のワイン展やら、初めてのところではカスヤの森現代美術館に行って、ついでに観音崎まで足を伸ばしたりとそれなりに楽しんでいたので、まずはいくつかその時の写真を↓

         

         さて、今回のネタは、世田谷美術館でのフリオ・ゴンザレス展練馬区立美術館での浜田浄の軌跡展



         フリオ・ゴンザレスは、「ピカソに鉄彫刻を教えた男」として知られる彫刻家。キュビズム的で抽象的な作品から、人の頭や手など具象的な作品まで幅広い作品が数多く集められた展覧会でその魅力をたっぷり味わうことができた。中でも気に入ったのは、「差し上げられた右手no1.」。手をモチーフにしながらほどよく抽象化された手は、思わず触りたくなる分厚い掌から暖かな体温が伝わってくるようで、作家が格闘しながら作品を作り上げている姿が目に浮かんだ。
         また、同時に開催されていたコレクション展も訪れたが、小林敬生氏の想像を絶する細密な木版画は、これまた作家の息詰まる彫刻刀さばきが感じられて、見ている方も思わず無意識に息を止めて鑑賞・・・
         
         その後、練馬区立美術館に移動。初めて訪れたが美術館の前には、様々な動物のオブジェが展示されていてビックリ!



         ここでは、長らく練馬区の小学校専科教員をつとめた浜田浄の抽象画を鑑賞。
        抽象的でデザイン性が高い作品がある一方で、一枚の紙を隙間なく鉛筆で塗りこめた作品などもあり、これまた作家が作品と格闘している姿がイメージされて・・・図らずも、作家の真摯な姿勢がかなりダイレクトに伝わってくる作品ばかりに出会う一日となった。のんきに作品を見ているほうの私も、彼らの姿勢を少し見習わないと・・・

         と、思いつつも、のんきに練馬区立美術館のカフェでコーヒーブレイク。


         
         最初、コーヒーとシュークリームのセットを頼んだのだが、ちょうどシュークリームが売り切れたところと言われ、仕方なくコーヒーだけを頼んだのだが、その後、親切そうな店員さんが、追加のシュークリームを届けてもらったようで、結局、両方にありつけた。しかも、コーヒーもシュークリームもどちらも本当にうまい! またまた図らずも、プロの素晴らしい仕事に触れることになって、感激!

         こりゃ、わたしもしっかりしないと。 ね!
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        Since Jan. 17th 2006
        ブログパーツUL5
        最新アート情報
        今何時?
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recent Trackback
        Recommend
        エルマーと16ぴきのりゅう
        エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
        ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM