2017.02.26 Sunday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2017.02.26 Sunday

    東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館

    0

       久しぶりに東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館に行ってきた。

       



       この美術館を訪れるのは、何と11年ぶり!。ゴッホのひまわりや東郷青児の作品で有名な美術館だが、今回は、「クインテット係泙沈韻虜邁箸燭」という企画展が面白そうということで、行ってみたのだ。

       

       ネットの説明によると、「本展は、「クインテット」(五重奏)と題し、約20年間の継続的な作品発表実績があり、将来有望な5人の作家たちを紹介するシリーズ企画第3弾で、川城夏未木村佳代子橋本トモコ堀由樹子横溝美由紀の近作・新作約70点を展示します。」ということで、女性5人の有望女性作家の作品を堪能することができた。


       とりわけ、企画展の冒頭を飾る橋本トモコと、中盤をしっかりと押さえる木村佳代子の作品が気に入った。橋本の作品は、イラストのように彩度の高い色と余白を効果的に使った構図が特徴。絶妙なバランスで画面に配置された花の絵を見ていると、絵からリズムが聴こえてくるようだ。

       

       また、作品の配置にも配慮がされており、部屋全体が一つの大きな作品を作り上げているようだった。

       


       もう一人気にいったのが、木村さんの作品。こちらは、花の絵のクローズアップで、作家が息を潜めながら丹念に書き上げていく様子が伝わってくるような、見る方も息がつまる緻密な作品。画面全体は静謐でありながら、花びらをじっとながめていると、葉っぱ同士がこすれ合う音や感触まで伝わってくるようだった。

       

       

       この対照的な二人を含め、「有望」作家さんの作品を落ち着いた雰囲気の中で味わえるとても良い企画展だった。ただ一つ気づいたことが。「有望」作家さんたちの生まれ年が、1968年、69年、71年の方々で、1968年生まれの私と同じ年代。作家さんはこれから花開くんだなと、サラリーマンの自分と比較して、芸の道の厳しさを感じつつも、なんだかうらやましいような気分にもなった。

      2006.07.17 Monday

      ポップアート1960's→2000's/損保ジャパン東郷青児美術館

      0
         ポップアート1960's→2000'sという企画展を観るため、損保ジャパン東郷青児美術館に行ってきた。

         

         入り口で品のいいおじさんのお出迎えを受け、エレベーターで42Fまで急上昇。エレベータを降り、右手の窓外にビル群を眺めながら、ゆっくりと会場に入ると、朝一番であることもあったのか、人影はまばら。おかげで、ゆっくりと作品を楽しめた。

         まずは、ロイ・リキテンスタインから。玄関にも飾られている泣く少女(上の写真)のほか、雄牛など。中でも、気になったのは、モネの「積みわら」を模した『積みわら』という作品。そのシンプルな造形と色が、モネと程遠く、思わずにやりとしてしまう。

         

         そのほかに、気に入ったのは、ジム・ダインの「手彩色のウイーン風ハート検廖写真では分からないが、心臓の立体感というか、手で触って確かめたくなるような不思議な弾力感に惹きつけられた。また、心臓の周りの淡い緑が何とも言えず良かった。

         

         また、ロバート・インディアナの「ラブ」もいい。シンプルなんだけど、地の色や形を見つめていると、よく考えられてるな〜と感心してしまった。

         

         最後は、デイヴィッド・ラシャペルの一連の写真。中でも、「ゴム風船(ブタ)」が気に入った。

         

         帰り際に、道を間違えて、新宿駅とは反対(東側)にワンブロック進むと、右手に見たことのあるようなオブジェが。何とそれは、ロバート・インディアナの「ラブ」!!(新宿アイランドビルの前にあります。びっくりした〜!!)



         


         
         
        2006.01.29 Sunday

        「一度は見てみたい名画」

        0
           NIKKEIプラス1という日経新聞の別冊で、「一度は見てみたい名画」特集があった。それによると、ランキングは以下のとおり。

          1 レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナリザ」(ルーブル美術館)
          2 ゴッホ「ひまわり」(東郷青児美術館等)
          3 ムンク「叫び」(オスロ国立美術館等)
          4 レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」(サンタ・マリア・デッレ・グラッツエ教会修道院/ミラノ)
          5 ピカソ「ゲルニカ」(国立ソフィア王妃美術センター/マドリード)
          6 ミレー「落穂ひろい」(ルーブル美術館)
          7 ミケランジェロ「最後の審判」(システィナ礼拝堂/バチカン)
          8 モネ「睡蓮」(オランジュリー美術館/パリ)
          9 ドラクロワ「民衆を導く自由の女神」(ルーブル美術館)
          10 フェルメール「真珠の耳飾の少女」(マウリッツ美術館/ハーグ)

           と、この中で、3と10がとっても気になる。
          とりわけ、フェルメールの絵はとても好きでずっと観たい、観たいと思いながら、実際には、ほとんど観たことがない。

           やはり、北欧が呼んでいる気がする。

           もう一つ。日本の名画トップ10なんてのはないのだろうか。もしかしたら、NIKKEIプラス1で取り上げたことがあるのかもしれないが・・・・ずっと、西洋画ばかり観てきたので、日本の絵画も、そろそろ勉強してみたいなと思う。
          Calendar
           123456
          78910111213
          14151617181920
          21222324252627
          28293031   
          << May 2017 >>
          PR
          Since Jan. 17th 2006
          ブログパーツUL5
          最新アート情報
          今何時?
          Selected Entries
          Categories
          Archives
          Recent Comment
          Recent Trackback
          Recommend
          エルマーと16ぴきのりゅう
          エルマーと16ぴきのりゅう (JUGEMレビュー »)
          ルース・スタイルス・ガネット,ルース・クリスマン・ガネット,わたなべ しげお,子どもの本研究会
          Links
          Profile
          Search this site.
          Others
          Mobile
          qrcode
          Powered by
          30days Album
          無料ブログ作成サービス JUGEM